忍者ブログ


37  36  35  34  33  32  31  30  29  28  27 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

web.jpg










私は黄金色と呼ぶには少し黄味がかりすぎている麦畑にいた。
太陽が雲の間を縫って落ちていき山間から眩い燃える様な日差しを風景に注ぐ。
鉄塔の濃い影が私に向かって落ちてくる。
産毛が陽を欲しがって背伸びをする。
沈黙による金属製の耳鳴りがみるみる溶かされていき、大きな風の音が私を突き動かす。
同様にその風は鳥をも遠く彼方へ吹き飛ばすと、渦を巻いて暫くの間無邪気に空と戯れて消えた。
次の風はもっと親しげだった。
決して着地せずに空をぐるぐると回っていた。
次の風はより獰猛だった。
砂塵に体中を刺され目を開けることもままならなかった。
彼らが言ってしまった後にはもう当たり前のように闇が居座っていた。
電車の警笛だけが木霊する。
間もなく電車は轟音を伴って私の前を通過し、先程の耳鳴りを下車させてから見えなくなった。

おしまい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題


NONAME 2008/03/12(Wed)01:57:34 編集
そういえば.謝罪
花の写真勝手に使っちゃた
えへ
ごめんなさい
心外でしたら消します。
oa 2008/03/12(Wed)02:09:20 編集
無題
わー、なんかそんな感じの電車に一昨日くらい乗ったわ。一両の電車で、日も沈みかけの時間にひたすらに続く田んぼを横に、乗客は僕一人で。降りるときには真っ暗やったし。
今、マイブームのシンクロ二シティや。笑
純也 2008/03/13(Thu)02:30:51 編集
無題
おお!このお姉さんに見覚えあり。
美しいね~実物も素敵よね~。
あ、ところで久しぶりっす(笑)。
コズエ URL 2008/03/16(Sun)00:27:09 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
WE
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1982/09/14
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
(08/18)
(06/18)
(06/08)
(06/07)
(05/22)
最新コメント
[08/19 WE]
[08/19 yu-min]
[06/21 NONAME]
[06/20 WE]
[06/20 NONAME]
最古記事
ブログ内検索
カウンター
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]