忍者ブログ


9  8  7  6  5  4  3  2  1 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「イノック・アーデン」

著:テニスン
訳:入江直祐

妻子を幸福にしようと海を越えて一人稼ぎに出かけたイノックが十年目に帰ってみると
彼らは他の男と幸福に暮していた。


「白猫」

著:石川淳

木彫りの技術に特異な才能を持つ鼓金吾は
ロシア人の画家夫婦の家で偶然見た美少女の肖像画に眼を奪われた。
永遠なるものの美を求めて社会に一歩を踏み出した少年の少女への想いと
彼をとりまく大人たち確執を軸に大戦前夜の知識人の孤独な魂の遍歴を描く名作。


「少年少女」

著:アナトール・フランス
訳:三好建治

収めた十九篇はいずれもあどけない子供達の無垢な世界を描いて
童心を失った大人達にも懐かしい昔を思い出させる。


「海の沈黙・星への歩み」

著:ヴェルコール
訳:河野与一・加藤周一

ナチ占領下、深い沈黙を強いられた「自由の国フランス」で
人間の尊厳を守り自由の為に生命を賭けた市民の姿に肉迫する抵抗文学。


「改訳 ブレイク抒情詩」

著:ウィリアム・ブレイク
訳:寿岳文章

瞑想的な神秘主義で英文学史上異彩を放つ詩人にして画家ブレイク。
中期までの抒情詩五十六篇に好奇の思想を語る作品二篇。


「プアハウス・フェア」

著:アップダイク
訳:須山静夫

1977年頃のニュージャージー州の老人ホームの祝日。
死を隣に置いて生きている老人達に地味だがはっきりした音調を与えて緻密に描き分け
これに独善的で安直なヒューマニズムを配して現代人の孤独と不安を象徴的に描く。


「首をはねろ!」

著:カールハインツ・マレ
訳:小川真一

なぜメルヘンに残酷さや暴力が必要だったか。
メルヘンの中の暴力を一人の教師が読み解く。


とまぁ、いっぱい買いましたね。
面白そうでしょ?
これから読みますね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
WE
年齢:
34
性別:
非公開
誕生日:
1982/09/14
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
(08/18)
(06/18)
(06/08)
(06/07)
(05/22)
最新コメント
[08/19 WE]
[08/19 yu-min]
[06/21 NONAME]
[06/20 WE]
[06/20 NONAME]
最古記事
ブログ内検索
カウンター
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]