忍者ブログ


26  25  24  23  22  21  20  19  18  17  16 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

著:リチャード・ライト
訳:野崎 孝


 J・ボールドウィンが第三の父と呼んだ黒人作家リチャード・ライト自伝的小説。
作中リチャードに友人が忠告するシーンがある。

「お前はなんだってそんななんだ?お前は白人と喋る時まるで黒人と喋っているようだ」

彼には白人よりも何が劣っているのか全く分からなかった。
そして行動に出た。
 当時南部に住む黒人達は作家という夢を持つ事すら許されなかった。
例えばそれを友人に話したとすれば頭を疑われる。
彼はジレンマの中心で摩天楼のように聳える壁に耳をひっつけ、
その奥に何があるのか確かめようと努めた。
 厚い壁を拳で殴り、優しく語りかけ、裸足で駆け上る。


 私にとってこの本は自分の自由さを知れる、そして同時に間抜けさを知れる本だ。
行動欲と好奇心が新芽のように心臓から体の隅々まで頭をもたげてくる。
本当に読んでよかった。
私が生涯を通じて絶対に手放さないであろう本です。

評価:★★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
なかなか本屋に置いてないんよねえ。
あ、インターネット付の部屋に移りました。笑
純也 2007/11/10(Sat)23:42:06 編集
おっ
よかったね~。
昔の岩波から出てる奴だからアマゾンか古本屋しかないかも。
高円寺の古本屋にあるよ。
WE 2007/11/11(Sun)11:38:06 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
WE
年齢:
35
性別:
非公開
誕生日:
1982/09/14
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
(08/18)
(06/18)
(06/08)
(06/07)
(05/22)
最新コメント
[08/19 WE]
[08/19 yu-min]
[06/21 NONAME]
[06/20 WE]
[06/20 NONAME]
最古記事
ブログ内検索
カウンター
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]