忍者ブログ


21  20  19  18  17  16  15  14  13  12  11 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

誇張するでもなく、格好をつけるわけでもなく
もとよりそんなものは全く必要としていないんですが、
私の病を書こうかと思っています。
コレを読んで私を違う目で見る人もいるかも知れません。
知らなかった人もいるでしょう。
しかし目の前の人間に自分を伝える事ができないのに
私を知らない多くの人に"それ"を伝える事は不可能だと思うからです。
そして何より今何年振りかにここにある恐ろしさを理解する為です。


私達は偏見と軽蔑に常に塗れている気がしています。
私達は"勝手に"被害者の気分でいます。
レッテルを貼られること、"そういう人間だ"と思われるのが怖くて人に話す事は到底できません。
指を指されて罵られている気がしています。
私は考える事が恐ろしいのです。
先にも述べたとおり格好をつけるつもりは毛頭ありません。
自分の想像を何倍にもしてしまいその恐怖にのた打ち回り汚物を吐き人に頼り、
迷惑なんてかけたくないのに恐怖から逃げ出す為に人を巻き込んでしまう。
恐怖でもがいた後は涙を流し痴呆のように一点を眺めることしかできない。
そして自己嫌悪と恐怖の無限ループが始まるのです。
自己嫌悪してるのに口から"私を憐れんでくれ!"とでてしまう。
また自己嫌悪する。
そんな事言うなよ、言いたくないんだよ、なら言うなよ、無理なんだよ。
人は私を叱咤する・呆れる・励ます・気味悪がる・噂する・罵る・離れる・眉を顰め指を刺す。
人はどこまで人の為に何かをできるのか。
私はどこまで自分勝手なのか。
世界をどこまで巻き込むのか。
どこまでを人に要求してしまうのか。
本当に申し訳ない気分で一杯です。
ごめんなさい。
これから迷惑かけるであろう人と、今まで迷惑をかけてしまった人達。

結局は逃げてたのでしょうか?
いや、治っていた!
私は、写真で治った!
と言いたい。
言いたくてたまらなくて、でも言葉にしてみるとがらんどうだったりする。

普通でいたい。
とにかく何よりも本当に普通の生活。
毎日楽しく、笑顔で、人に優しくあれる、そんな日々を送りたいだけなんだ。
それだけでいい。
それ以外いらない。
写真なんてそうなったら必要ない。
写真はそうなる為の手段だったんだ。
お願いだから、喋らせてよ。
お願いだから、私の伝えたい事を聞いてください。
恐怖も経験も武器にするだけの力。
それが自分にはあるんだと確信したい。
聞いてよ、私は病気なんだ。
指を刺せ、罵れ、哂え、くそったれ。
でもあんたらは経験してない事を経験してきたんだ。
だけど悲劇の主人公になったつもりなんかないぞ。
この文章は憐れみを乞う為に書いたのではない。
恐怖を捉える為、力だと信じるためだ。
今まで生きてきた自分を立証する為だ。

神様、いるなら治してくれよ。
他人に頼むよりましだ。
本当にお願いだから、写真はあんたにやるから、治してくれよ。
毎日辛くてやってらんないからさ。


あ~。
疲れた。
と言う事で暫く休みます。
強迫観念は怖い。
まさか、だよ。
皆も気をつけて。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
聞いてもよいのですか?
純也 2007/10/15(Mon)20:55:36 編集
無題
『励ます』なんていう安易な表現でくくりたくはないんだけど
あなたの事を好きな人たちは、力になりたいと思って
結果『励ます』と思うんだけど
それによって何か、良くなることは、ありますか?
NONAME 2007/10/16(Tue)09:05:35 編集
無題
頑張らないでよ。
かわいそうでみてらんないよ。
人を頼ればいいのに。
そんなに人は冷たくないよ。
さわだ 2007/10/16(Tue)12:32:07 編集
無題
話してくれた事が強いと思ったよ。
あたしゃ、話せない弱い部分は一生隠したいし、自分でも認めたくないんでしょうね。
今日、気づけたよありがとう。
みんな自分と向き合うのに一生懸命で、異端者の存在をさらっと認めてると思うぜ。

コズエ URL 2007/10/20(Sat)00:46:45 編集
サンキュー
有難う御座います。
皆さん、ご迷惑かけました。
やはり私は憐れみを乞うていたのでしょう。
自分を正当化していました。
憐れみを得ても変わるものはないのですがすがってしまいました。

ごめんね。

ブコウスキーよろしく死を左胸のポケットにいれて持ち歩きたまに取り出しては、
やあベイビーいつ俺のところにきてくれるんだい?
と話しかけることができるようになれたら。
私は死を左胸のポケットだけでなくジーンズのポケットや下着の中にも携帯しています。
グロテスクで肌に突き刺さる鋭利でトゲだらけの恐怖とともに。

一秒間に等しく死が降るこの世界に生き、死を携帯している人はどの位いるんでしょうか。
皆持ち歩かないだけなんでしょう。
清々しい程に良い意味で絶望。
有難う、本当に。
もらった分は返すよ。
WE 2007/10/25(Thu)19:37:47 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
WE
年齢:
35
性別:
非公開
誕生日:
1982/09/14
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
(08/18)
(06/18)
(06/08)
(06/07)
(05/22)
最新コメント
[08/19 WE]
[08/19 yu-min]
[06/21 NONAME]
[06/20 WE]
[06/20 NONAME]
最古記事
ブログ内検索
カウンター
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]